NEW POST

個人的に永久保存版な文章

伊藤武先生の今月のメールマガジン「満月通信 睦月」に、
個人的に大事なことが書かれていて、手元にずっと残しておきたいので転載させてもらいます。
伊藤先生、ありがとうございます!!!



ナラ nara नर【伊藤武のちょこっとサンスクリット語】


1300年の都、奈良(なら)の語源は、「均(なら)された/平(なら)な土地」とされていますが、
当時の天皇や貴族の仏教への傾斜を考えると、サンスクリットのnara(男/人、神/至高神;
女性形はnārī)の意も重ねられていることでしょう。すくなくとも奈良に住んだインド人——
たとえば奈良大仏の開眼供養の導師をつとめた「南天の婆羅門僧正」(南インドのバラモン
出身の僧正)こと菩提遷那(ぼだいせんな;梵Bodhisena)——は、「奈良はナラである」と
想っていたにちがいありません。
nara は√nṝ(運ぶ/導く)に由来する語で、「戦場におもむく者」あるいは「戦闘を指揮する者」
が原意のようです。戦いは、古代社会におけるもっとも重要な事件であり、武器をとってこれを
行うことのできる者(戦闘要員)こそが、「男」(nara)であり「勇士」(vīra)。人間全般をあらわす
マヌやマヌシャ(manu/manuṣa <√man 考える)とは区別されました。しかし、のちには
ナラは「人間一般」、さらに「男らしい者としての神々/至高神」をも兼ねる語になります。
また、サンスクリットの語源学では、nara の成り立ちを次のように解釈することも可能です。
nara は、na と ra の2音節からなる。
na のコトダマは、「息/息をするもの(生きもの)、もっとも貴重なもの(生命)」。これは、n(a)に
「存在」を意味するa-を冠すると√an(息をする;“プラーナ”の語源)になることからもうかがわれる。
ra のコトダマは、「活動、行く、動く」。
na-raで、「生き物が行く」。もともとは「動物全般」をさしていた言葉が、のちに「人間」に限定される
ようになり、さらに「神/至高神」をもあらわすようになった、というわけです。

このナラに関連する語で、ヴィシュヌ神の異名のひとつ、ナーラーヤナ(Nārāyaṇa)も、伝統的に
2つの解釈がほどこされています。
ひとつは、ナーラ(ナラの集団=人々/神々)がおもむくアヤナ(ayana;休息所/目的地)。
もうひとつは、ナーラー(至高神ナラの子としての「水」)をアヤナ(休息所)とする者。
「人々/神々の目的地」と「水を休息所とする者」。この2つの“ナーラーヤナ”に矛盾はありません。
ここでいう「水」とは、インド最古の文献『リグ・ヴェーダ』で、
「かのはじめのとき、存在はなかった。無もなかった。もちろん、時間も空間も、星々も、生も死も
なかった。が、ただ水があった」と語られる、宇宙ができる以前の「原初の水」のこと。そして、
そこに休らう者とは、かの「唯一者」(Tadekam)。インド神話では、「原初の水」は「乳海」(Kṣīra-
samudra)、「唯一者」は「乳海にとぐろを巻いたアナンタ竜の上に横たわるヴィシュヌ神」として
表現されます。アナンタ(ananta)は「an(否定)+anta(終り)=終りがない」で「無限」。この竜の
とぐろが解かれると、無限ともいえる宇宙——時間と空間が現れます。
ゆえに、原初の存在であるナーラーヤナのもとにおもむく、とは人々や神々の究極の目的である
解脱と同義になります。
友人が息子さんにナーラーヤナにちなんだ名前を付けられました。おめでとうございます。




★★★せっかくなのでお知らせ★★★
メールマガジン「満月通信」は、
【伊藤武のかきおろしコラム】と【伊藤武のちょこっとサンスクリット語】と講座のお知らせを
主にして配信されています。
上の記事は【伊藤武のちょこっとサンスクリット語】ですが、
見ての通り「ちょこっと」とは言えない濃い内容です(^^)。
誰でも購読可能(無料)なメールマガジンですので、もし興味を持たれて配信希望される方は
yaj612@gmail.com までご連絡ください。


















makoraja@gmail.com



☆整体院まほろば☆

私の職場です。訪ねてくる人の”まほろば”(理想郷)を目指しています。
整体院まほろば
戸田公園駅より徒歩7分 戸田駅より徒歩10分。出張、応相談。
経絡指圧で全身ガッチリほぐします(^^)。
[PR]
トラックバックURL : http://raja.exblog.jp/tb/21116364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by raja_m | 2013-12-20 11:04 | ジュニア | Trackback | Comments(0)

インドダンス、整体、子育て...マコラジャにまつわるエトセトラ。…つまりブログ。        Copyright (C) MAKORAJA All Rights Reserved.


by raja_m
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30